HOME
コラーゲンの副作用

コラーゲンサプリメントラボ

コラーゲンの豆知識

コラーゲンの副作用

美容と健康に効果が期待できるコラーゲンですが、このコラーゲンにも若干の副作用と言えるものが存在します。コラーゲンは人間を含むすべての動物に存在するタンパク質の一種です。一般的にはコラーゲンには副作用はほとんどないと言われています。

しかし、タンパク質に対してアレルギー反応を持つ人は注意が必要になります。また、1日当たりの摂取量の適量を超えて摂取した場合は尿などによって体外に排出されてしまうのが普通ですが、過剰な摂取を長期間繰り返した場合、腎臓にかなりの負担がかかってしまうことになり、腎臓機能を害することになりかねません。

コラーゲン以外の他のサプリメントにも同様に言えることなのですが、1日の適量を必ず守って摂取するようにいたしましょう。また、広い意味での副作用としては、動物性コラーゲンの場合、ノンカロリーのサプリメントなどを除いて、多量に摂取した場合や調理法などによってカロリー過多や塩分の取り過ぎとなる場合があるのでこちらも注意しなければなりません。

特に注意が必要となるのはコラーゲン注射です。100人のうち3人はコラーゲン注射に対してアレルギー反応を起こすと言われており、軽いものでは注入場所の赤みやかゆみ、深刻な場合は注入場所が腫れ上がり膿がたまって最悪の場合、組織が壊死してしまうことも極稀に起こるようです。

コラーゲン注射を考えている方は信用できる医療機関で行うようにしてください。また、このような副作用を考えて、妊娠中や授乳中の女性はコラーゲン注射の接種控えることをお勧めいたします。

スポンサードリンク