HOME
食べるコラーゲン

コラーゲンサプリメントラボ

コラーゲンの基礎知識

食べるコラーゲン

コラーゲンは人間の身体を構成する重要なタンパク質の一種です。肌のハリや弾力、保水力を保つ上で重要な役割を担っています。そのため、毎日コラーゲンを効果的に摂取してコラーゲンが分解されて合成される働きをサポートする必要があります。

健康や美容においてコラーゲンの摂取は効果的とされています。最近はコラーゲン配合の化粧品が多く見られるようになりました。しかし、コラーゲンは肌の保水力を高める働きはあるものの、直接肌から吸収されることはありません。

毎日の食事やサプリメントで補給してやる必要があるのです。身体の中のコラーゲンは毎日分解と合成を繰り返しています。1日のうちに分解されるコラーゲンの量は約1?4グラムと言われ、分解されたコラーゲンは一部は再利用に回されますが、食事やサプリメントで摂取するコラーゲンは1日に5グラムが理想であると言われます。

コラーゲンはタンパク質であるため、肉や魚などに含まれていますが、タンパク質の摂り過ぎは内臓に負担がかかるため、身体にとっては良くありません。健康のためにもビタミンやミネラルなどバランスの取れた食事を心がけなければなりません。

食事やサプリメントで摂取したコラーゲンは腸で吸収されて分解されてアミノ酸やアミノ酸が数個繋がったコラーゲンペプチドになります。コラーゲンは食べることで身体に摂り込まれて吸収されるので、必要な量を毎日食事やサプリメントで摂るようにいたしましょう。

スポンサードリンク