HOME
サプリメントと医薬品の違い

コラーゲンサプリメントラボ

良いコラーゲンサプリメントとは

サプリメントと医薬品の違い

サプリメントと医薬品の違いは服用方法が定められているか、いないか、になります。服用方法が定められて、含まれる成分も決められているのが医薬品で、メーカーによって服用の仕方や摂取量がまちまちなのがサプリメントと考えると分かりやすいと思います。

サプリメントは製品によって成分やその含有量が異なり、同じようなものがたくさん存在しています。これに対して医薬品は、基本的に成分含有割合などが定められています。特許を取得する前や特許が切れた後に同じ内容で製造元が違うという医薬品がでてくるのはこのためなのです。

サプリメントとは違い医薬品にはまったく同一のものが存在するという特徴があります。サプリメントは健康食品に分類されます。服用に関してはそれぞれのメーカーが推奨する摂取量を守らなければなりません。

医薬品であれば、用法や容量が定められており、病院や薬局などでその薬の注意事項なども確認できます。しかしサプリメントは自分の責任において服用するものなので自分でしっかりと含有成分や摂取量を確認して管理しなければなりません。

よほどのことが無い限り健康を害するほどの過剰症などは無いと思われますが、大量に摂れば効果が増すというものでもありません。このへんもしっかりと踏まえた上でサプリメントの摂取を行う必要があります。また、サプリメントの効果を高めるためにも、普段の食事でのバランスの取れた栄養の摂取が大切になることを忘れてはいけません。

スポンサードリンク